奥義

いきなり、奥義を書きます。

 

動いたら、勝てる。

上がったら、買う。下がったら、売る。

逆に動いたら、切る。

伸びたら、伸ばす。

 

これまで、トレーディングについて学んできたなら、どこかで聞いたような言葉たちだと思います。

 

さまざまな知識も学んできていると思いますが・・・

 

こと、トレンドフォローについて言うならば・・・

 

これが奥義です。

 

 

もちろん、ぼくもこれからさらに経験を積み、奥義のことばは追加されてゆくのかもしれません。

 

また、今後見解が変わるかもしれません。

 

しかし、現段階としては、これが本当に奥義です。

 

 

もちろん、ぼくはまだまだひよっこなので、「奥義」なんていう言葉を使うのは早いのかもしれません。

 

しかし、ぼくレベルでも、これまで、何万時間トレードに費やしてきたのでしょう・・・

 

ぼく以上に、トレードにかけてきた人や、もっと上のレベルの人は、たくさんいます。

 

そういう人たちは、さらなる時間を費やしているはずです。

 

だけれども・・・

 

ぼくクラスでも、すでに・・・

 

ほとんどの人が一生かけても費やさないだろう時間は、十分に費やしてはきたはずです。

 

ぼくが今死んだなら、トレーディングについては、これが遺書です。

 

奥義書です。

 

それを公開したよ。

 

信じるも、信じないも、活かすも、活かさないも、あなた次第だよ。

 

ぼくとしては、こうしてきちんと書いたので、それで十分であって、それでどうなるかは、知りません。

 

また、上記の奥義のことばたちは、資金管理については述べていません。

 

ぼくがこれから、このブログを書き続けてゆくなら、まずは、このことばたちを解説してゆくということになるでしょう。

 

ただ・・・

 

ぼく自身が、それを一体どう具現化しているのか、その詳細が(このブログで)語られることはないと思います。

 

 

それでも、このブログを読み、考えた人には、新しい世界が開ける可能性があるように書いてゆきます。

 

「曖昧で抽象的で参考にならない」と感じる人は、読まなければいいだけです。

 

詳しくは、また後日。